« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日

ハロウィン

 ハロウィンとは何ぞや。
いつの間に日本に浸透した?
テレビやインターネットを見聞しつつ、つくづく思う。

 ちょっと前まで、ゆうきの中でハロウィンは遠い西洋の国の行事にすぎなかった。
にぎやかできらびやかで、まるでおとぎの世界の様だと思っていた。
憧れは強かった。
でも、身近になるとは夢にも思っていなかった。

Cimg8185


 細かい事情はどうであれ、楽しい行事が増えたことは喜ばしい。
ゆうきも楽しませてもらっている。
ハロウィン一色のお店を物色したり、限定スイーツを頂いたり。

 つい先日、彼が言った。
「ハロウィン当日に渋谷に行きたい。賑わいを間近で見たい。」
って。
夫婦して同じことを願っていたとは・・・・・ちょっと笑えた。

 彼は月末忙しい。
休みを取るなんて無理だ。
夫婦の願いか叶うのはいつになることやら・・・・・。

 願いが叶うまでは、ネットやテレビでハロウィンを体感するとしよう。
元気でいれば、いつか行けるはず。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月29日

つるべ落とし

Cimg8183


 日が暮れるのが早くなった。
ぼやぼやしているとあっという間に暗くなってしまう。

 ”つるべ落とし”とはどこの誰が考えた言葉なのだろう。
秋の夕暮れ時をよく表現している言葉だと思う。

 何故かな~。
日が短くなったからと言って1日が24時間であることに変わりはないのに、なんだか焦りを感じてしまう。
損した気分になってしまう。
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・・・・主婦の夕方は忙しい。
感傷に浸っている暇なんてない。

家に着いたならば、さっさと行動開始しよう。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月27日

おめでとう

 Cimg8182


 57年前の今日、彼はこの世に生を受けた。

 今日、彼は仕事で、まだお空が真っ暗で街灯がこうこうと燈っている時に起床して、東の空がようやく白み始める頃に出かけて、明るくなり始めた頃に職場に到着した。
今頃は、きっと、額に汗して働いているだろう。
何気ない1日が始まった。
大切にしたい1日が始まった。


 いつも通りだけれど、いつもとは何かが違う日。
目に入る日常、生活音、漂う香り、肌触り、今食べようとしている朝食・・・・・五感で感じるものすべてを特別に感じる。
彼の誕生日は毎年そうだ

 57回目の誕生日に彼自身は何を思う。
口にせずともあふれる思いはあるだろう。
今日という日を忘れずにいてほしい。
 

 今年も元気に誕生日を迎えることができた。
これ以上喜ばしいことがあるだろうか。これ以上の幸せがあるだろうか。
彼をこの世に送り出してくれたご両親に感謝。
彼の祖父母、ご先祖様にも感謝。
彼の兄、弟妹、親戚、同級生、先輩後輩、上司に部下、同僚etc.彼が今まで携わってきた人たち、今、携わっている人たちにも感謝。
感謝感謝感謝、感謝の嵐だ。
おかげさまでこの日を迎えることができました。ありがとうございます。

 1日が始まった。何気ない1日が。
今日は、今日は、彼の誕生日だ。

 ケーキは今夜いただきます。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月24日

曇り空

 

Cimg8179


 明け方、山々の稜線の上にあった雲は、人々が活動を始める頃には、頭上にまで広がっていた。
雲は、あっという間に富士山を呑み込み、空を白で覆い尽くした。
見事なまでの早業であった。
秋の空は変化が著しい、著しすぎる。

 富士山は、次に姿を見せる時にはきっとさらに雪化粧しているにちがいない。

 風が冷たい。
手が冷たい。
吐く息が白い。
冬はもう目の前だ。

 冬が来る前に大掃除を済ませなきゃ。
冬が来る前に植え木の剪定も済ませなきゃ。

 冬が来る前に、冬が来る前に、どこかへ遠出したい・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月22日

快晴の空

 日曜の早朝、窓から見た空は真っ青だった。
東、西、南、北、どの窓から見る空も真っ青だった。
琴線に触れる青だ。
思わず外へ飛び出した。

Cimg8177


 庭に出て片足を軸に一回転した。
周辺の家々の屋根越しに見る空も真っ青だった。
車が来ないことを確かめて通りへ出た。
富士山の向こう側の空も真っ青だった。

 屋根、電柱、木々、山々、空を飛ぶ鳥たち・・・・・目に入るものすべてが青空に映えていた。

 美しいって思った
生きていてよかった~って思った。
今日この時を記憶に留めておこうと思った。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年10月19日

元気の源

 我が家の冷蔵庫にはチョコレートが常備してある。
春夏秋冬、季節を問わずいつだって。
卵や牛乳を切らすことはあってもチョコレートは切らさない。
お肉やお魚、お野菜、おかずになりそうなものは何もなくてもチョコレートはある。

Cimg8175


 実は、ゆうきは甘い物はそんなに好きじゃない。
でも、チョコレートは、チョコレートだけは嫌いになったことがない。
出かける前に食べる。疲れたなと思った時に食べる。小腹がすいた時に食べる。
チョコレートを食べるとモードが切り替わる。チョコレートを食べると癒される。ほんのひとかけらでも、口にすれば元気がでる。

 いつだってどこだって手に入る所が嬉しい。
そばにいる人と分け合える所が嬉しい。
開発が著しいところが嬉しい。

 チョコレートはどんどん美味しくなってきていると思う。
これからどんな商品が出てくるのか楽しみで仕方ない。
チョコレートがなくとも生きてはいけるとは思う。
でも、それはそれは寂しい毎日になるだろう・・・・・。

 寒い季節が到来した。
そうだ!バックにチョコを入れて持ち歩こう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年10月17日

初雪化粧

 Cimg8172


 久しぶりに姿を見せた富士山は、見事に雪化粧していた。
なんて美しいのだろう・・・・・・。
感嘆のため息が漏れる・・・・・・。
寒いけれど美しい。
眠いけれど美しい。
慌ただしいけれど美しい。
初冠雪を見逃していただけに、感激もひとしおだ。
やろうとしたことを放り出して、デジカメを手に外へ飛び出した。

 富士は雄大だ。
麓に生まれ育ったことを改めて幸せに感じた。

 富士山が化粧を落とすことはもうないだろう・・・・・。
富士の麓の町は、冬に向かって駆け足で進む。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月15日

一気に

 昨日の朝の外気温は10℃であった。
今朝の外気温は、まだ確かめていないけれど、きっと昨日とそう変わらないだろう。
寒い・・・・・素直に思う・・・・・。

Cimg8167


 一週間前の今日は自身の汗の臭いにうんざりしていた。
暑いと何度もつぶやいた・・・・・。
今日は背を丸めている・・・・・。
使い捨てカイロの買い置きはあったから?・・・・・なんて考えている。

 一週間前は暑かったのに今日は寒い。
なんで徐々にではなく、一気に気温が下がるのか・・・・・?
疑問に答えてくれる人はいない。
 遠くでカラスの鳴き声がする。
外に暮らす生き物たちは、この寒暖の差をどう受け止めているのだろう・・・・・。

 ひょっとしてこのまま一気に冬へと向かうのか。
「ちょっと待ってよ~!」
今現在の率直な気持ちである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月12日

秋刀魚

 サンマが美味しい季節がやってきた。
どのくらい待ちわびたことか。
冗談抜きで夢にまで見た!

Cimg8164


 我が家では秋刀魚はクッキングシートを敷いたフライパンで焼く。
秋刀魚が焼ける匂いって好きだ。
テンション急上昇、食欲急上昇、季節感急上昇。
最高に幸せな気持ちになる。


 ここ数年、秋刀魚は我が家の食卓に上らなかった。
あまりに高くて、高すぎて、スーパーで見かけても泣く泣くスルーしてきた。
子供の頃は頻繁に食べることができたに・・・・・。
秋刀魚はいつから高級魚になったのだろう・・・・・心の中でおおいに嘆いた。

 だが、今年は違う。
近年にない豊漁だそうで、節約一家でも十分に手が出せるお値段で店頭に並ぶ。
もう、何回も食卓に乗った。何回も食べているのにぜんぜん飽きない。
明日も食べたいと思う・・・・・。
秋の味覚おかず編・・・・・思う存分味わいたいものだ。
来年も再来年もその次の年も、秋刀魚が豊漁だといいな~と心から願っている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月10日

はこびる

 Cimg8163

 砂利に生えるこの植物の名を何というのだろう。
インターネットで調べればわかるはずだが、調べる気にならない。
1週間ほど前、彼が大掛かりな草むしりをしたはずなのに、またもや生えてきた。
水やりなんて絶対にしていない。毎日車のタイヤで踏みつけている。
なのに生えてくる。弱るどころかどんどんでかくなる。
今年の初夏の事、いろいろ忙しかったこともあって、1ヵ月ほどそのままにしておいたことがあった。えらいことになった。それこそ、砂利を敷き詰めた駐車場一帯を覆い尽くさんばかりに大繁殖した。誰ひとりとして歓迎していないのに生えてくる。どんどんでかくなる。本当、”はこびる”の名にふさわしい。
いったいどこからやってきたのか。昨年までは見かけなかった。今年の春先に突然お目見えした。周辺の畑や花壇には生えていなくて、我が家の砂利を敷き詰めた駐車場だけに生えている。なにゆえなのか。

溜め息をつきながら、名も知らぬ植物を引っこ抜いた。
きっと数日もすれば、はこびるんだろうな。暑さとか寒さとか長雨とか日照りとか関係なさそうだもん。
ある日突然やってきたのなら、ある日突然去ってほしいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月 8日

暑かった

 昨日は、まだ夜が明けないうちから暑かった。
夜が明けてからは、気温がぐんぐん上がり、昼過ぎに25℃を超えた。
天気予報通りだ。当たってほしくない予報がまた当たってしまった。
窓を全開にした。扇風機を強にした。長袖のTシャツを脱ぎ捨て、半袖にした。

Cimg8161


 ゆうきが子供の頃は、10月に25℃を超えるなんてありえなかったのだが。
昨日、汗をかきすぎて、今日は朝からだるい・・・・・。
健康体であるゆうきでさえ、この有様だ。病中病後の人、障害がある人、小さなお子さん、お年を召した方はさぞかし大変だと思う。

 どうなっている地球、これからどうなる地球・・・・・・。

 今年、台風はまた来るのだろうか、夏日はまたあるのだろうか。
出来れば昨日が最後であってほしい・・・・・。

大空を見上げながら溜め息の連続だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 5日

大好き

 Cimg8160


 秋の味覚の1つ、柿を購入した。
この秋、最初の柿である。
すぐに食べてしまうのでは、あまりに勿体ないから、デジカメに収めてからにした。

  柿の木は実家の畑にもある。
橙色に色づくと、思わず手が伸びるが、そのままかじったらひどい目に遭う。
なぜならば、渋柿だからだ。我が地域にある柿の木はみんな渋柿だ。
甘くする方法は、干し柿にするか、ヘタの部分に焼酎をつけてビニール袋に入れしばらく置くか、完全に熟すまで待つかである。
どれもそれぞれに美味しい・・・・・。
それでも、橙色に色づいた時からすでに甘い柿に憧れた。
猿蟹合戦の猿のようにもぎたてをかじりたかった。硬いままの柿を食べたかった。
いわゆるない物ねだりと言うやつである。
子供のころだって、お店に行けば、何にもしなくても、熟さなくても甘い柿が売っていた。
でも、家に柿があるのに、買ってほしいとは言えなかった。

 長年の夢が叶ったのは、結婚してからである。
生の柿は予想していた以上に美味しくて・・・・・文字通りほっぺが落ちるほどだった。
一度食べた瞬間から大好物になった。
干し柿が好き、焼酎につけて甘くした柿が好き、熟した柿が好き、何もしなくても甘い柿が好き。
毎年、4種類もの柿が味わえるゆうきは幸せなのかもしれない。

 今年最初の柿は、すごく美味しかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月 3日

金木犀

 Cimg8152

 金木犀が見ごろを迎えた。
5日ほど前の事である。
空は青く澄み、風が爽やかな日であった。
ゆうきは庭に出た。
何度も何度も。暇を見つけては庭に出た。
目を見張った。鼻をひくひくさせた。心を研ぎ澄ませた。
山吹色の花弁はキラキラ光り眩しかった。
芳香剤とはあきらかに違う香りが実に心地よかった。
山吹色の花弁と深緑の葉っぱと青空のコントラストが心に沁みた。

Cimg8158


 金木犀が散った。
台風24号の風雨により、金木犀はすべて散った。
山吹色の花弁は、もうない。
香りも、もうしない。
意気消沈している。

 あまりに短い花の命であった・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年10月 1日

またか!

 大型の台風が日本列島に影響を及ぼし続けている。
 「またか!」
心の叫びをどこに向ければいいのやら・・・・・。
落ち着かない、とにかく落ち着かない。
家の中を右往左往・・・・・まるで檻に閉じ込められた熊の様だ・・・・・。

Cimg8156


 いくつ目の台風だろう・・・・・・。
あといくつ上陸するのだろう・・・・・。
もう勘弁してほしい・・・・・。
お願いだから・・・・・。

 スマホにインターネット・・・・・情報は瞬時に得られる。
便利になった。
それでも、人は自然の驚異に翻弄される。

 前回の台風で、自宅前の畑は崩壊した。
街路樹がなぎ倒され、ガソリンスタンドの看板が吹き飛び、信号があらぬ方向に向いた。
今回の台風はどんな爪痕を残すのだろう・・・・・。

 怖くてたまらない・・・・・。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »