« 雨だ! | トップページ | 初めてだ! »

2024年1月24日

もしも・・・・・

 停電は何度か経験した。
でも、断水は記憶史上いちどだけだ。
10年ぐらい前だったと思う。
何かのトラブルで市内全域が断水した。
朝の時間帯だった。
水道を開いても水が出てこない。
娘は洗顔の途中だった。
ゆうきは、朝食に使った食器を洗おうとしていた。
再度、水道の蛇口を開いてみた。
水は出てこない。
水道料金はちゃんと納めているはず・・・・・・
何が原因なのか。
頭の中は大混乱だ。
外の水道はどうだろう。
玄関ドアを開けた時、防災無線が流れた。
水道が使えないのは、我が家だけではないことを知った。
とはいえ、どうすればいいのやら・・・・・・
外の水道の蛇口をひねってみたが、水は出てこなかった。
娘は、たまたまヤカンあった水で歯磨きを済ませた。
ゆうきは食器洗いを断念した。
トイレは、タンクにたまった水だけが頼りだ。
1回しか流せない・・・・・。
娘はトイレに入らないまま登校した。
彼とゆうきは、ギリギリまで我慢することにした。
幸いにも断水は数時間後に解消された。
たかが数時間されど数時間、水が使えない時間をとても長く感じた。

Cimg0207

 能登半島地震の被災地では、未だ水に不自由している。
復旧には、まだまだ日数がかかる見通しだ。

 災害はある日突然。
明日は我が身だ。

 備えあれば憂い無し・・・・・
とは言うけれど、備えには限界がある。
特に水。どこにためておけばいいのやら。
見当がつかない。

 飲料水だけではない。
トイレも水、手を洗うにも顔を洗うにも歯磨きするにも水。
入浴、洗濯、何をするにも水が要る。

 水なくして生活はできない。
水なくして生きてはいけない。

 何日も何日も断水したら、どうすればいいのだろう・・・・・・
答えを見いだせずにいる。

 我慢にも限界はある。

 被災地の現状を見聞きして不安に駆られている。

 水道を開けば水が出る・・・・・・当たり前ではない。

 能登半島地震で生じた断水が1日も早く解消されることを願わずにはいられない。

 

|

« 雨だ! | トップページ | 初めてだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

普段何気に使っている水や電気、何にも考えずに使っている水や電気
我が家はオール電化なので停電になったらどうしよう

お風呂のお湯は捨てないでいます
私が子供の頃、家の畳を蚊取り線香で焼いてその時に、お風呂のお湯でバケツを使って消したことがトラウマになり今でもお風呂のお湯はすてないようにしています

お風呂の水(お湯?)を捨てないのも一つの方法だと思っています
後は・・・どうしたら良いのか分かりません

投稿: ずぼら婆ちゃん | 2024年1月24日 07時50分

東日本大震災の時、停電三日、断水一日半は全く水が出ずその後時々断水することを経験しました。
能登地震で被害にあっている方たちの大変さはわかります。
被災地は連日の寒さもあって本当に大変ですよね。

電気も水も準備するのには限りがあります。
いつ起きるかもしれない災害が、何れ来るのだそうですが、その日が一日でも遅いといいですね。

当たり前の生活ができる幸せを、忘れてはなりませんね。

投稿: 920ー375 | 2024年1月24日 15時37分

今の生活が普通であることに慣れてしまっていて電気水道がどうにもならなくなると本当に困り果ててしまいますよね
ずっと前にマンションの水道工事でどうやら失敗をしてしまったようで6時間の断水が約24時間の断水になったことがあるんです
その時はマンションだけなのですぐそばにあった学校のおトイレを借りたり、近所のお風呂屋さんが夜中まで開けていれて何とかなりましたが・・・今の生活で止まってしまうと本当に困ります・・・
実際、災害地ではそういう状況なんですよね
どこから復興するのが良いのかみんなが混乱していることでしょう
早く元の生活に戻られるように私たちができることをやろうと思っています

投稿: 千里 | 2024年1月24日 17時57分

そうですねぇ…
解決できない不安、対処できない未来は
たくさんありますね。
準備出来るものは準備して
後は、ケセラセラの覚悟です。
どうしようも無い未来は天任せ。
心配しすぎると、心が病みます☆

投稿: コタロー | 2024年1月24日 20時17分

ずぼら婆ちゃんさま

 我が家もオール電化です。
停電になったら、にっちもさっちもいきません・・・・・。
以前、停電した時は、トイレが流せませんでした。

 お風呂のお湯、トイレを流すなど、何かと役立ちますよね。
飲み水は、ペットボトルで用意しておいて、あとはどうすればいいのやら・・・・・・

 何事もなく生活できていることをとても有り難く感じます。

投稿: ゆうき | 2024年1月24日 21時28分

920-375さま

 我が地域は、東日本大震災の際、停電はしましたが断水はしませんでした。
停電も10数時間程度でした。
それでも、不安で不安で、眠れない夜を過ごしました。
能登半島地震の被災地では断水も停電も何日も続いています。
被災されている方々のことを思うと、胸が痛みます。
災害は場所も時間も選びません。明日は我が身です。

 備えあれば憂い無し・・・・・ですが、備えには限界があります。

 普通偽活できることをとても有り難く感じています。

投稿: ゆうき | 2024年1月24日 21時36分

千里さま

 我が家はオール電化。
とても便利で、便利な生活に慣れすぎてしまっています。

 停電も断水もどちらも困ります。

 被災地では両方ですよね。
高齢者、障害がある方々、乳幼児・・・・・
どれだけ不自由な生活を強いられているのでしょう。
二次被害が心配です。

 一刻も早い、断水および停電が快勝されること願っています。

投稿: ゆうき | 2024年1月24日 22時04分

コタローさま

 いざという時のために、何ができるのか・・・・・
備えにも限界はあるし、考えても答えは見いだせません。

 ケセラセラ
なるようになるの考え・・・・・大事ですよね。
悩みすぎるのもよくない・・・・・。
とりあえず、目の前のことをこなします4.

投稿: ゆうき | 2024年1月24日 22時10分

我が家では断水した時のためにお風呂の水は
常備張っています。これでトイレの水は少しでも流せるかなと思います。
でも何日もお風呂に入れなかったり寒い中体育館での寝泊まり。精神的に参ってしまうと思います。
結局は神頼みですが地震などの災害に遭わないように祈るしかないんですよね。

投稿: patapataokan | 2024年1月24日 23時35分

okanさま

 お風呂のお湯を常時ためておくお宅は多いですね。
トイレを流すなど、あるとないとでは、雲泥の差だと思います。

 避難所生活でいちばんの困りごとはトイレだとか。
お水の大切さを痛感しています。

 備えにも限界がありますよね。
差が害が起こらない事を切に願っています。

投稿: ゆうき | 2024年1月25日 07時11分

大阪は今日も寒く雪がちらついてます。
ただ積もる雪ではなさそうなので
安堵しています。

投稿: patapataokan | 2024年1月25日 23時06分

okanさま

 よかったですね。
積もらない雪で。

 山梨は、今日も寒風吹き荒れています。

投稿: ゆうき | 2024年1月26日 07時25分

断水の時のトイレは 地震などで断水になった時は お風呂の残り湯などを使ってはいけないそうです。
どこか下水道が壊れていたら そこから流した水が逆流して来て トイレの中が 汚水でビチャビチャになるらしい。
トイレは 蓋を開け ベンザのあげて 45リットルくらいのゴミ袋をセットして ベンザを下ろし そこにもう一枚ゴミ袋をセットします。
中には 新聞紙を小さく切ったものを入れて用を足します。
新聞紙には 殺菌と消臭効果があるそうですよ。
用を足したら ゴミ袋を外して 口をきつくしばり ゴミの日に出します。
下のゴミ袋は トイレの中の水でぬれているのでその儘にしてその上からまた きれいなゴミ袋をセットしておきます。

投稿: あさがお | 2024年1月26日 13時15分

あさがおさま

 新聞紙に消臭効果、殺菌効果があるとは知らなかったです。
幸いにも、我が家は新聞をとっています。
ずっと資源ゴミに出していました。
勿体ないな・・・・・とは思っていました。
新聞紙には保温効果もあると聞きました。
大いに有効活用したいものです。

 被災地のトイレ問題、一刻も早く解決して欲しいです。

投稿: ゆうき | 2024年1月26日 14時04分

おはようございます!

停電に断水・・・
ほんと困りますよね。

うちも子どもが小さい時に
大雪で停電して、その頃は実家が
反射板の灯油ストーブだったので、
そこに避難して、卓上コンロで
夕飯作ったのを覚えています。

今はもう実家もないし、うちは電気の
ファンヒーターだし、卓上コンロも
使っていないし・・・。
まさかの時は怖いです・・・。

何度も灯油ストーブを買おうかと
検討しますが、邪魔だしファンヒーターの
方がタイマーも使えるし、省エネだし・・・

今回の地震で、うちの県ではトイレが
使えなくて困ったというのを聞いて、
後輩は早速簡易トイレを買っていました。
やっぱり備えないとかな~?

投稿: りくたんママ | 2024年1月27日 08時36分

りくたんママさま

 こんばんは~!

 娘が生まれたのは、阪神淡路大震災の記憶がまだ鮮明な頃です。
娘のことを考えて、粉ミルクやらオムツやら買いだめした覚えがあります。
大人はともかく、子供や高齢者、障害者、病中病後の人には我慢させられませんからね。

 水もためておいたな~。

 震災時、いちばん困るのがお手洗い。
生理現象ですからどうにもできませんよね。
簡易トイレ、我が家でも購入を検討します。

投稿: ゆうき | 2024年1月27日 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨だ! | トップページ | 初めてだ! »