« サツキが咲いた | トップページ | 愚痴・・・・・ »

2024年6月10日

またもや・・・・・

 つい先日、彼は大がかりな草抜きをした。
1日がかりだった。
無我夢中だった。
彼は夢中になると我を忘れるタイプだ。
喉が渇いてもお構いなし。お腹が空いてもお構いなし。
腰や足や腕が痛くなってもお構いなし。
ゆうきは・・・・・こまめに飲み物を運んだ。
お昼ご飯場庭のベンチに腰掛けて食べた。
おかげで、花壇が砂利を敷き詰めた駐車スペースが、玄関先が見違えるように綺麗になった。
庭のあちこちに、抜いた草の小山ができた。

 これで一安心。
彼は思ったはずだ。
Cimg0315

 通り沿いの花壇に緑色の何かを見つけたのは、数日前のこと。
ゴミを捨てに行った帰りだった。
大がかりな草抜きをした10日後ぐらいだった。
近づいてみた。
スギナだ!一株だけではない。
あっちにもこっちにも生えている。
思わず悲鳴を上げそうになり、慌てて飲み込んだ。
誰も頼んでいないのに、望んでもいないのに、
また生えて来た・・・・・・。
腹立たしくさえある。

 彼が知ったら、どれだけショックを受けるだろう。

 同じ花壇に存在する水仙は、今年、1輪も咲かなかったのに、スギナは元気だ。
同じく同じ花壇に存在する生け垣のレットロビンは今ひとつ元気がないのに、スギナは元気だ。

 抜いても抜いても抜いてもすぐに生えてくる・・・・・・

 何故だ~!
何故、そんなにも元気なんだ!
何故、そんなに丈夫なんだ!
何故、そんなにも図々しいんだ~!

 ゆうき心の叫び

 スギナは、長雨も酷暑も、余裕綽々で乗り越えるに違いない。

 たとえ、庭木が全部枯れたとしても、スギナだけは生き残る気がする。

 何故にそんなにも元気なのか、
何故にそんなにも丈夫なのか。

 腹立たしいのを通り越して羨ましくさえある。

 

|

« サツキが咲いた | トップページ | 愚痴・・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご主人が庭の草取りをしても、すぐに出てくる雑草
困ったものですね
ご主人は夢中になってくれるのは有難いですけれど体調を崩さなければ良いのですが、無理をしないで草取りをして下さい

我が家の庭は息子任せなので見て見ぬふりをしている私です

投稿: ずぼら婆ちゃん | 2024年6月10日 10時09分

つくしは スギナの 一部分ですよね。
スギナは 雑草として 嫌われますが
薬草としての 効能もあるみたいですよ。

新陳代謝が高まることにより、肌のくすみや黒ずみの解消を助け、
シミの予防、皮膚トラブルへの効果も期待できます。

殺菌・抗菌・消炎作用があるため、ニキビやあせもなどに
効果があると言われています。
新陳代謝を活発にする作用があり、脂肪の分解や燃焼が促進される
ことから、ダイエット効果も期待できます。

と 書いてありました~。
余計な事でしたね ごめんなさい

投稿: あさがお | 2024年6月10日 13時38分

ご主人、偉いですね~。
うちの夫は庭の草取りをすることなんて
全くありません。
いつも私だけがひとりで黙々とやっています。
うちの庭には幸いにしてまだスギナは生えていませんが
スギナの駆除はタイヘンですよね。
根が張っていそうです。
草取りでなく除草剤が有効的かもしれません。

投稿: midori | 2024年6月10日 16時14分

わかりますよ、ゆうきさん!
我が家も全く同じ思いをしています。
なぜに蔓延るスギナ・・・
なぜに蔓延るドクダミ・・・
この強さを園芸種に分けてもらいたいですよね。
折角植えても枯れてしまう植物もあるのに、
元気いっぱいのスギナ・・・

あ~ぁですよね。

投稿: 920-375 | 2024年6月10日 16時34分

雑草って本当にすごいですよね
わが庭も雑草パラダイスです・・・
もう抜こうと思えないくらいのパラダイスです
今から10月まではもうどうにもなりません

投稿: 千里 | 2024年6月10日 17時48分

これからの季節雑草は願っても無いのに
ドンドン伸びますよね。

花壇のお花はやはり人間が手を加えて
見るために作ったものなので弱いのでしょう。
雑草は太古の昔から生き残ってきたものだけが今に至ってるんですものね。

同じ土俵には立てないのが当たり前かも
しれません。

投稿: patapataokan | 2024年6月10日 18時10分

スギナ…
何か役にたってくれると
良いのにねぇ。
雑草たち、鍛えられているんでしょうね☆

投稿: コタロー | 2024年6月10日 21時45分

ずぼら婆ちゃんさま

 主人が草抜きをしてもしてもまたすぐに生えて来ます。
大がかりな草抜きをした1週間後に生えて来たこともあります。
ちょっとショックです。
これから梅雨に入ると、更に草は生き生きとします。
もううんざりです。

 私は・・・・・
主人の体調が心配で・・・・・
気が気ではありません。
こまめに飲み物を運んでいます。

投稿: ゆうき | 2024年6月10日 21時51分

あさがおさま

 つくし誰の子スギナの子・・・・・・
土筆の後に生えてくるのがスギナです。
ものすごい繁殖力です。
ものすごい生命力です。
腹立たしくて、そして羨ましいです。

 薬草としての効能・・・・・スギナの繁殖力を、生命力を生かそうという研究は進んでいるようですね。
そうでなければ、勿体ないです。

 ところでどのようにして利用するのでしょう・・・・・
つくしは食用として使われますが(卵とじなど)スギナは・・・・・・
あまり美味しくなさそうなイメージです。

 

投稿: ゆうき | 2024年6月10日 21時58分

midoriさま

 主人の趣味は土いじりです。
本人曰く、草抜きも剪定も苦にならないそうです。
私は・・・・・
無我夢中になる主人のために、こまめに飲み物を運んでいます。
主人のがんばりは、ご近所でも評判です。

 数ある草花の中でスギナがいちばん丈夫かもしれません。
本当に厄介です。
除草剤を使いたいところですが、他の木々や草花が枯れてしまっては困るので断念しています。

投稿: ゆうき | 2024年6月10日 22時03分

920-375さま

 スギナ・・・・・
本当丈夫ですよね
踏まれてもへこたれない、長雨だろうが、日照りが続こうがへっちゃらです。
何故にそんなにも丈夫なのでしょうね。

 ただいま、我が家の花壇はスギナが蔓延っております。
昨夜に降った雨でまた増えたように感じます。

 本当、あぁ~あ!ですね。

投稿: ゆうき | 2024年6月10日 22時08分

千里さま

 大がかりな草むしりをしたのは、つい先日のような気がするのですが・・・・・・
もう花壇はスギナでいっぱいです。
スギナの他にもハルジオンやら三つ葉やら生えていますが、スギナがいちばん幅をきかせています。

 これから晩秋までスギナはじめその他諸々の草花との闘いです。
トホホです。

投稿: ゆうき | 2024年6月10日 22時30分

okanさま

 はい。
願ってもいないのに、どんどん生えて来ます。
抜いても抜いても抜いても生えて来ます。
雨が降るとより勢いを増します。

 スギナはじめその他諸ものの草花です。

 同じ花壇の水仙は今年、1輪も咲きませんでした。
生け垣のレットロビンは今ひとつ元気がありません。大切にされすぎているのでしょうか。

 昨夜の雨のおかげか、スギナは生き生きとしています。

 もう完敗です。

投稿: ゆうき | 2024年6月10日 22時36分

コタローさま

 スギナものすごい生命力です。
ものすごい繁殖力です。
文字通りの雑草魂。
この丈夫さを何かしら生かせないものかしら。

投稿: ゆうき | 2024年6月10日 22時39分

スギナは 乾燥させて 煮だして お茶として飲むみたいですよ。
薬と思って飲まないと お茶として飲むのだったら おいしくないかも。

投稿: あさがお | 2024年6月10日 22時40分

あさがおさま

 乾燥させて煮出して・・・・・
家でできなくもないですね。
やってみようかしら・・・・・
薬草ですから美味しいはずはありませんね。

 情報ありがとうございます。

投稿: ゆうき | 2024年6月11日 07時01分

今日は蒸し暑くてクウ散歩でゆっくり歩いても汗ばむ陽気でした。

投稿: patapataokan | 2024年6月12日 00時20分

okanさま

 気温の高さよりも湿度の高さが身に堪えますね。
梅雨入りしていないのに、どうしてこうも蒸し暑いのでしょう。

投稿: ゆうき | 2024年6月12日 06時55分

おはようございます!

ホント雑草ってあっという間
ですよね~。
なぜそんなに元気なのか?

うちはアスファルトの隙間位しか
草は生えないけど、ここがまた
あっという間に大きくなって・・・。

一生懸命小さいうちに抜いているけど
またすぐ出てくるんですよね。
困っちゃいます。

投稿: りくたんママ | 2024年6月13日 07時16分

りくたんママさま

 こんにちは~!

 スギナにハルジオン、タンポポ・・・・・・
その他諸々。
自らが植えた以外の草花は、本当丈夫ですよね。
長雨だろうが日照り続きだろうがなんともない。
どうしてこうも丈夫なんでしょうね。

 アスファルトの隙間から生えて来ますよね。
我が家はレンガの目地から生えてきています。
砂利を敷き詰めた駐車スペースは、あっという間に草ボウボウになります。
アスファルトやレンガの目地から生えてくる草は引っこ抜くにも一苦労です。
困ったものですね。

投稿: ゆうき | 2024年6月13日 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サツキが咲いた | トップページ | 愚痴・・・・・ »