日記・コラム・つぶやき

2018年12月12日

12月

 ここの所、彼は忙しい。
気の毒になるくらい忙しい。
出勤する時間は変わらないのに、帰って来る時間が遅くなった。
通勤時間を差し引いても、家にいる時間よりも職場にいる時間の方が長い・・・・・。
休日は休めることは休めるが、ラインやら電話やら、必ず入る。
落ち着かないったらありゃしない・・・・・・。
先週の休日は、何やら難しい顔をして1日中パソコンに向っていた。
仕事、仕事、仕事、仕事、仕事に追われる毎日。
12月もまだ前半戦だが、彼の年末はもうすでに始まっている。

Cimg8232

 天皇誕生日、クリスマス、大晦日・・・・・・。
行事と言う行事がすべて恨めしい・・・・・。
疲労困憊している彼に、まだ、鞭を打つのか。

 彼の体が心配。
居ても立っても居られないくらい心配。
彼は心身の健康を維持できるのだろうか・・・・・・?

 ゆうきの願いは、無事にに年が越せますように・・・・・ただそれだけ。
12月は嫌いだ。「大」が付くほど嫌いだ・・・・・・。


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月10日

先頭は?

 我が地域は交通の便がすこぶる悪い。
自家用車なくしては生活が成り立たない。
だから、みんな、高校3年生で、もしくは高校を卒業てすぐに運転免許を取る。
運転免許があるなしは、重要だ。もしかしたら学歴より重視されるかもしれない。
運転免許なくして、県内で働くことはほぼ不可能だ。
みんな車を運転する。
仲間内で運転免許がない者はいない。

 ゆうきも運転する。
運転が嫌いだけれど、苦手だけれど、運転する。
運転しなきゃ生活ができないから。

Cimg8228

 ところで、運転していると渋滞にハマることが多々ある。
事故でもない。工事中でもない。そう自然渋滞と言うやつだ。
みんながみんな、車で行動するのだから、渋滞が発生するのは当然だ。
渋滞にハマったならば、ただひたすら待つ以外になす術はない。
イライラしたところで、疲れが倍増するだけだ・・・・・。
「先頭の車を運転している人はどんな人なのか・・・・・」と思うことはあるが・・・・・。

 つい先日、彼と県庁所在地方面へ向かった。
運転していたのは彼だ。
彼は県外出身。彼が生まれ育った地域も交通の便が悪く運転免許は必須アイテムだ。
彼は運転が好きだと申している。よかったとつくづく感じている。夫婦して運転が嫌いだったら・・・・・と考えるとぞっとする。
 2人が乗った車は、やがて渋滞にハマった。予想通りだ。
会話が途切れてしばらくして、彼がふとつぶやいた。
「まったく、先頭の奴はどんな奴だ・・・・・・」
って。
夫婦して同じことを思っていたとは・・・・・・。
ゆうきは笑った。大笑いした。笑いすぎてお腹が痛くなった。
彼はキョトンとした。
笑いの種明かしをしたら、彼も大笑いした。
くだらないことで笑いあえる・・・・・平和だ・・・・・。
それでも、笑ったおかげで、負の気持ちは吹き飛んだ。

 渋滞の先頭の人がどんな人なのか・・・・・・わからないまま、いつの間にか渋滞は解消していた。
だいたい、渋滞の先頭の人がどんな人なのかなってわかった例がないのだが。

 車を運転する限り、渋滞は避けられない。
せいぜい、自身が渋滞の原因にならないよう気を付けよう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年12月 7日

憧れ

 その昔、サンドイッチは憧れの食べ物だった。
友人のサンドイッチのお弁当が羨ましくて羨ましくて・・・・・。

 ゆうきの実家ではお米を作っていた。
当然、主食はご飯。
朝もご飯、お昼もご飯、夜もご飯であった。
毎朝毎朝、ご飯が炊ける匂いで目覚めていた。
たまに夜ご飯にうどんやほうとうを頂くことはあった。
でも、主食がパンになることは皆無であった。
主食がご飯であることに不満を感じたことはない。
ゆうきはご飯で大きくなった。

 運動会のお弁当は梅干し入りのおにぎりだった。
母が握るおにぎりは美味しかった。
適度に塩が利いていて、程よい食感で。
言うことなしだった。

Cimg8226

 あれは何年生の時だったかな。
記憶があいまいだが、義務教育時代の遠足だったことは確かだ。
お昼になり仲のいい友達とお弁当を食べた。
ゆうきのお弁当はいつも通りおにぎり。
友達のお弁当はサンドイッチだった。
ものすごくオシャレに見えた。
ものすごく美味しそうに見えた。
お弁当=おにぎりの概念が払しょくされた。
友達を羨ましく思った。
サンドイッチに強い強い憧れを抱いた。

 憧れはずっとずっとずーっと続いた。
大人になっても続いた。
パン食の人と一緒になりたいって思ったが、自らが選んだ相手は米農家出身であった。
彼の子供時代のお弁当もまた梅干し入りのおにぎりだったと聞いている。

 彼はご飯党だ。
娘もご飯党だ。
パンも食べるけれど、主食ではなくおやつ感覚である。
サンドイッチが食事になることはない・・・・・。

 サンドイッチは未だ憧れの食べ物である。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年12月 5日

クリスマスツリー

Cimg8225


 クリスマスツリーが好き。
ワクワクするから。
歌いたくなっちゃうから。
心が華やぐから。
子供の頃から今に至るまでずっとだ。
これから先の人生でも好きであり続けるだろう。
出かけ先でクリスマスツリーを見かけたならば必ず立ち止まる
でっかいクリスマスツリーは特に大好き。
見あげていると、すごく幸せな気持ちになる。

 現実問題として、数メートルもあるツリーを飾り付けるのは大変な作業だと思う。
携わる方々の労を心から労おう。
皆様のおかげで、楽しませていただいております。
ありがとうございます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年12月 3日

暖冬?

 この冬は暖冬になる。
天気予報で知った。
知った瞬間、心が凍りついた・・・・・。

 暖冬な冬は雪が多い。時に大雪なることも。
長年の経験からそう認識している。

Cimg8222

 雪は困る。
本当、困る。
雪道の運転は恐ろしく神経を使う。
降り積もった雪が凍り付いた道は、なおのこと神経を使い、神経を使いすぎてヘロヘロになってしまう。
みんな同じ思いだ。
雪道なんて全然平気などいう人物にゆうきは出会ったことがない。

 我が地域はとにかく交通の便が悪い。
運転免許は学歴よりも必須だ。

 当然、彼は車通勤だ。
しかも遠距離通勤。
雪が降ったからと言って休むわけにいかない。
ゆうきも車を運転する。
運転しない日はない。
彼の心配と自身の問題と・・・・・・今年はさらに娘の心配も加わった。
心臓がいくつあっても足りない。
果たして無事に冬を超えらるのであろうか。

 寒いのは我慢できる。
でも、雪は・・・・・。

 憂鬱だ。
本当、憂鬱だ。
あまりに憂鬱すぎて、本物の鬱になりそう・・・・・。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年11月30日

甘い

 昨日、とあるスーパーにて赤いネットに入ったみかんを手に取り籠に入れた。
橙色した小さなみかんが店頭にお目見えして数カ月、ようやく、ようやく、お手頃なお値段となった。
みかんは大好物だ。
心弾まないわけがない。
その場で思わずスキップしそうになって、慌てて踏みとどまった。

Cimg8221


 近年、みかんは甘くなった。
つくづく思う。
安売りしているみかんでもジュースのように甘い。
みかん農家の方々のご努力の賜物だろう。
深い尊敬の念を抱く。
昨日いただいたみかんも甘くて瑞々しくて非の打ちどころがなかった
甘いのは喜ばしい。
でも、時々、子供の頃に食べていた甘さよりもむしろ酸っぱさが際立つみかんが懐かしくなる。

 酸っぱいみかん・・・・もう口にすることはないのかしら。
少しさみしい気がする。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年11月28日

小春日和とは

 小春日和とは・・・・・晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天のこと。
辞典を使って調べた日の事を懐かしく思う。
言葉の意味を知って40年あまり。今、改めてきれいな言葉だなと思う。

Cimg8220

 昨日はまさしく小春日和と呼ぶにふさわしい日だった。
リビング降り注ぐ太陽の日差しがあまりに気持ち良くて、気持ちよすぎて、ついウトウトしてしまった。
体中の細胞がホッとした。
”暖かい”と”温かい”の違いを実感した。
これはお天気の神様からのプレゼントだって思った。

 ところで、冬、真っ盛りの暖かく穏やかな晴天の事を何というのだろう。
気長に調べてみよう。
”小春日和”のようにきれいな言葉だったら嬉しい・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年11月26日

朝の月

 早朝のお月さまをレースのカーテン越しに見るのが、ゆうきの密かな楽しみとなっている
最近見つけた楽しみだ。
見つけてからまだ数日しか経っていない。
外へ出て直接見ることはしない。
寒いから。
時間に追われているから。
何よりも気持ちに余裕がないから。

Cimg8217


 つらい時、苦しい時、不安な時・・・・・何か楽しみを見つけると希望が湧く。
早朝、レースのカーテン越しに見るお月さまは、今現在のゆうきの希望と言えよう。

 雨の日、曇りの日何を楽しみにするかはただいま考え中。
きっときっと何か見つかるだろう。
目を凝らせば。
心を研ぎ澄ませれば。

 つらい時、苦しい時、不安な時・・・・・何か楽しみを見つけると希望が湧く。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年11月23日

10年

 ブログ「勇気を出して」が、本日、満10歳の誕生日を迎えた。
週に3回更新・・・・・記事数は1500を超えた。
自らが綴ったブログを通して過去を振り返りながら10年と言う月日の重さをしみじみと実感している。
始めるからには続けようと心に誓って、ブログを開設した。
10年続けられたことを素直に喜びたい。

Cimg8215

 色んな事があったな。本当、色んな事があった。
喜びに沸いた日、怒り狂った日、哀しみにくれた日、楽しかった日・・・・・・。
このまま時間が止まってしまえばいいのにと思った時、時間よ早く過ぎ去ってくれと思った時。
ブログを読み返せばよみがえる、あの日、あの時。
ブログは自分史だ。

 これから先、何があるかなんてわからない。
生きよう、生き続けよう。
綴ろう、綴ろう綴り続けよう。
生きられる環境、綴れる環境に感謝しながら。

 ブログ「勇気を出して」が、本日、満10歳の誕生日を迎えた。

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年11月21日

早朝

 午前3時35分・・・・・スマホのアラームが鳴る。
世間様は真夜中でも、我々夫婦にとっては朝である。
眠い目をこすりながらベットから出る。

Cimg8213


 身支度をしていると外からバイクの音が聞こえてくる。
新聞配達のバイクだ。
活動している人発見・・・・・励みになる。

 起床から1時間ほどして彼は出勤する
彼は遠距離通勤している。
早朝で道が空いていると思いきやそうでもないらしい。
たくさんの車とすれ違う。
時に渋滞にハマることもあるらしい。
お空に星が瞬いている時間帯から活動している人のなんと多いことか・・・・・驚きを通り越して感動する。

 お向かいのご主人は、彼とあまり変わらない時間に車で出かけていく。
2件向こうのご主人は、東の空が白み始めた頃帰って来る。

 がんばっている人があそこにもここにも。
本当、がんばっている人だらけと言っても過言ではない。

 ゆうきもがんばろう・・・・・。

 午前3時35分・・・・・スマホのアラームが鳴る。

 


 

 



 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧